Works as a Maker

2022年の抱負と振り返り

みなさま明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。 2021 年の振り返り早速 2021年を振り返ろうと思います。2021年の目標はこんな感じだったみたいです。 2020年ありがとうございました。2021年、まずは元気になれるようにのんびりがんばろうと思います。どうぞ来年もよろしくお願い致します。 — chiepomme2022 (@chiepomme) December 31, 2020 2年前くらいから鬱になってしまって気持ちがずっと落ちてしまっていたんですよね。去年はそこから回復するための1年でした。なので、創作活動はあまりしませんでした。(と思って振り返ったのですが結構作ってました……。) 鬱に関して言えば、憩室炎が治ったらメンタルも元気になったことから、腸が健康ならメンタルも健康になれるっぽいということがわかって、それから整腸剤を飲み続けていて比較的安定しています。長年メンタルが落ちる原因がわからなかったのですが、一部は腸の不調から来ていたことに気づけたのはうれしかったです。 話は逸れましたが、2021年の時系列での振り返りをします。 1月新年ということで、新しいことにチャレンジしたくて、3日坊主でいいからとにかく新しいことをはじめてみる 3日坊主チャレンジをしました。

LoL のグウェンのはさみを作りました

League of Legends というゲームのグウェンというキャラクターのはさみを作りました。 グウェンはこういうキャラクターです。 グウェン, 聖なるお針子 - リーグ・オブ・レジェンド魔法によって人間となり、命を与えられた元人形のグウェンは、かつて自分を生み出したまさにその道具を携えている。一歩ごとに作り手の愛の重みを感じながら、あらゆることに感謝を忘れない。グウェンが意のままに操る「聖なる霧」は、古代の防護魔法であり、自身が手にしたハサミ、針、そして縫い糸もその祝福を授かっている。目新しいものに囲まれながらも、グウェンは壊れた世界に生き残っている善意を守るため、大いなる喜びをもって戦い続けようと固く誓っている。リーグ・オブ・レジェンドチャンピオン開発エピソード:グウェン - リーグ・オブ・レジェンド見たことのない、

液タブにキーボードを載せられるホルダーを作りました

私は液タブをアーム乗せて使っているのですが、キーボードの置き場が無くて困っていました。机に直接置くときは液タブの左上に置いていたので、同じように左上に置こうと思いましたが、アームだと立てて使うこともあるのでふつうに置くと落ちてしまいます。そこで、キーボードホルダーを作りました。 やったこと素材と加工方法選びキーボードホルダーを作るにあたって、会社の人に相談したところ、強度的に金属か木材じゃないと難しそうと言われて、最初は木材にしようかと思ったのですが、最終的に金属になりました。 やめたものも入れると、素材の候補としては以下の3つがありました。 樹脂 Adventurer3 で3D プリントします。お手軽だしお値段も安いのですが強度的に難しかったです。木材 EMARF で注文します。EMARF は図面を送ると木材をカットして送ってくれるサービスです。一度お見積もりをもらったのですが、値段が高かったことと別のプロトタイプを作った結果、使いやすい薄さだと木材でも強度が足りなそうだったのでやめました。対応してくださった方がとても丁寧だったので次こそなにかお願いしたいと思っています。金属 meviy で板金加工を注文します。meviy は図面を送ると板金加工や切削加工をしてくれます。